木造建築士とは?木造建築士の仕事


ヘルメットかぶった建築士
木造建築士とは、木造建築物の設計や工事管理を行う専門家の事を言います。木造建築士の携わる木造建築は、1階~2階建ての延べ面積300平方メートル以下の建築物の事を言い、その用途は住宅、賃貸住宅、店舗、公共施設、商業施設、福祉施設などさまざまあります。木造建築士を名乗るためには、国家資格である木造建築士試験に合格をして、資格取得することが必須です。学科と設計製図が主な試験内容となっています。大学や高校、専門学校の建築科を卒業している事がこの木造建築士を受検するための条件に設定されています。必須ではありませんが、同じく国家資格である建築士資格なども取得しておくと、さらに活躍の場が広がるでしょう。木造建築士になるためには、建築、設計に関する専門知識や、スキルをしっかりと身に付けておく事が大切ですが、何より現場での実務経験を重ねて行くのが一番大切です。実績をあげて知名度が上がれば、独立開業の道も開けます。自分の設計で建築物を作り上げたいという情熱を持っている人に適正があります。

スポンサーリンク

木造建築士の年収、月収について

月収20万前後~

木造建築士の仕事に就くには

国家資格取得が必須となるので、在学中から試験対策を行う必要がある。木造建築士資格取得後は、建築会社、建設会社、建築設計事務所、住宅メーカーなどに就職し、木造建築士としての実務経験を重ねて行こう。

木造建築士の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である木造建築士資格取得が必須。受検資格として所定の学歴が必要となるので、チェックしておきたい。必須ではないが建築士の資格も取得しておくと、手掛ける仕事は広がる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする