お茶の先生とは?お茶の先生の仕事

茶道の家元
お茶の先生とは、日本の代表的な伝統文化である茶道を教える人の事です。所属する茶道の流派の師範の資格を得る事が必要です。茶道には裏千家、表千家、松尾流、遠州流、藪内流、武者小路千家などをはじめとしたいくつもの流派がありますが、それぞれの流派によって作法や所作、師範の資格取得の過程も違ってきますが、一般的に入門から師範免許取得までは10年以上という年月が必要となります。茶道とは、日本の総合伝統芸術です。たとえば、茶室で使用する器、飾られた花、部屋からの景色、茶事でいただく会席料理などがすべての美の統合とも言われています。茶道の師範の免許を取得するまでになっている人の場合、華道、書道をはじめとする日本の文化に関しての造詣は深いようです。日本古来からのお茶の世界の伝統を広めるために、自分の所属する流派で教えたり、自宅で茶道教室を開く事も可能ですし、海外に出て外国人に教える事も可能です。多くの人と接することが多い仕事ですので、適度に社交性のあるコミュニケーション能力があるとさらに良いでしょう。

お茶の先生の年収、月収について

生徒一人当たりの月謝5000円~

お茶の先生の仕事に就くには

所属する茶道の流派の流儀に従って、茶道を学び、師範の免許を取得する。

お茶の先生の資格や知っておいた方が良い知識など

所属する流派の師範資格が必要。師範資格取得後は、その流派で教える事が出来る。また自宅で茶道教室を開いたり、カルチャースクールで講座を持つなど様々な活動の場がある。華道、書道、着付けなど和伝統の知識も必要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク