音楽講師とは?音楽講師の仕事

ピアノの先生
音楽講師とは、ピアノ、エレクトーン、ギター、ドラム、ベース、サックスなどをはじめとする各種楽器の演奏方法を指導したり、クラシック声楽、ポピュラーミュージックボーカルなどの指導、作曲や音楽理論の指導などの講師の事を言います。活躍の場は、主に音楽教室ので専任講師、非常勤講師として勤務するか、自宅で音楽教室を開き独立して教える場合もあります。音楽といっても、上記にあげたように、様々な分野がありますが、教えるためには、それらの専門性や高い技術が必要となります。音楽教室によっては、音楽大学卒業生やミュージックスクールの卒業生、またはそれ同等の経験がある事が求められます。コンクール入賞の実績などがあると有利です。児童から年配の方まで、生徒さんの年齢層も教室によっては様々ですし、趣味で音楽を楽しみたい人から、音楽大学受験対策として技術を強化したい人までレベルも様々です。そのような生徒さんからの要望に合わせて、授業形態も少人数制グループ単位や、個人レッスンなどがあります。音楽の専門家であるだけでなく、人に教える事が好きな事、気配りの出来る人、生徒さん達をまとめてリードしていく、リーダー的な素質のある人が適任と言えます。

音楽講師の年収、月収について

1クラス授業につき5000円前後~

音楽講師の仕事に就くには

音楽大学卒業者や音楽専門学校卒業者、もしくは民間のミュージックスクールで講師養成講座を収得して、希望する音楽教室に応募するとよい。

音楽講師の資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格はないが、音楽を専門的に学んだ経験と、高い技術力、音楽に対する深い造詣がある事が必須条件となる。コンクール入賞などの実績はアピールしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク