学校教諭とは?学校教諭の仕事

女性教師
学校教諭とは、教育職員免許法にのっとった教員免許状を取得して、幼児、児童、生徒の教育または保育を担当する人の事を言います。教員免許状の普通免許状、もしくは特別免許状を取得した上で、公立学校の教育採用試験を合格し、採用される事が必須となります。教育免許状は4年制大学や短期大学の教職課程を収得します。学校は勉強だけを教える場ではなく、責任感や協調性、道徳性などを学ぶ場でもあります。そんな中で学校教諭は児童や生徒と直接関わり、指導していかなければなりません。学校でのいじめや不登校、校内暴力など社会的に深刻な問題が広がっていますが、その現場に立つ学校教諭にかかっている責任は、本当に重いものなのです。生徒達はそれぞれ個性豊かであり、未知数の可能性を秘めています。そんな生徒達の信頼を集め、正しい方向に指導をし、時には的確なアドバイスを与えられるような、リーダーシップのある誠実な人柄である事が望ましいです。また、生徒達ひとりひとりに目を向けて、それぞれに心配りが出来るような、面倒見のよい人材が求められます。

学校教諭の年収、月収について

月収22万前後~

学校教諭の仕事に就くには

大学や短期大学で教職課程を収得し教員免許状を取得する。その上で希望する学校の教育採用試験を受けよう。

学校教諭の資格や知っておいた方が良い知識など

学校教諭となるには、4年制大学や短期大学で、教職課程を収得することがまず必要となる。勉強だけではなく、部活動も指導出来るような幅広い経験や知識が必要。人に教えるのが好きで、リーダーシップを備えた明るい人材は優遇。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク