塾講師とは?塾講師の仕事

笑顔の塾講師
塾講師とは、学習塾や予備校の講師の事を言います。学校の教師の場合は教職免許状の取得が必要となりますが、塾講師の場合、資格は特に必要ではありませんが、教職免許状を持つ人が優遇される場合もあります。基本的に塾や予備校での採用必須条件は4年制大学卒業者、もしくは卒業見込者である事が多いです。学校の「ゆとり教育」のあおりで、塾に通う生徒数は増える一方で、塾講師の需要はどんどん高まっているようです。塾講師となるには、専門性の高い知識がある事もさることながら、生徒達と直接関わるという事で、コミュニケーション能力が高い人材である事が必要となります。人に物を教えるのが好きな事、分かりやすい授業を行える事も必要です。指導する科目を受講する生徒達のレベルはさまざまで、授業収得能力にもかなりレベル差はありますが、忍耐強くそれぞれの生徒の能力を引き出すような根気のある人が求められます。学習塾や予備校の専任講師、非常勤講師として勤務したり、自宅で塾を開校し独立するなど、塾講師の活躍の場は様々です。

塾講師の年収、月収について

月収20万前後~

塾講師の仕事に就くには

学習塾や予備校に応募して面接。もしくは自宅で学習塾を開く。

塾講師の資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要となる資格はないが、採用条件を4年制大学卒業生か卒業見込者とするところが多いようだ。学習塾、予備校どちらも経験者は優遇される。学習塾の場合、専任講師、非常勤講師により収入の面でもかなり異なってくる。予備校勤務希望の場合は、生徒の合格率などの実績があると優遇される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク