原子力安全管理技術者とは?原子力安全管理技術者の仕事


ヘルメットかぶった青年
原子力安全管理技術者とは、原子力発電所内で安全管理を行う技術者の事を言います。原子力全般に関する専門知識や、原子力の人体や環境に及ぼす影響などを充分に熟知しており、それらの知識をふまえた上で、安全に作業を行う事が大切です。原子力廃棄物の管理や、放射線の防護対策などを行うのも、原子力安全管理技術者の仕事です。原子力安全管理技術者になるためには、特に必要な資格はありませんが、一般工学などを専門的に勉強している人は優遇されます。安全管理に関する各種資格取得者や経験者は有利でしょう。緊急時にも冷静に対応が出来る事が大切で、的確な判断力と措置が行える人材であれば、管理技術者をとりまとめるリーダーに抜擢される事もあります。ささいなミスから、取り返しのつかない大惨事を招く可能性もある責任重大な職業であると言えるでしょう。そんな中で、集中力を持続して、慎重に作業を行える人材に適正があります。危険物を取り扱うという意味で、他職種に比べて高収入である事が多いでしょう。

スポンサーリンク

原子力安全管理技術者の年収、月収について

月収30万前後~

原子力安全管理技術者の仕事に就くには

電力会社、原子力発電所の原子力安全管理技術者募集に応募。原子力安全管理技術者の補助的な作業からはじめて、安全管理を行う上で必要な業務をマスターして行く。ほとんどの発電所で社内研修を行う。

原子力安全管理技術者の資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格というものはないが、原子力に関する専門知識や一般工学について学んでいる人は有利。原子力安全管理技術者のほんのささいなミスから事故につながる可能性もあるので、責任感を持って作業を行える慎重さが求められる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする