ベビーシッターとは?ベビーシッターの仕事

ベビーシッターとママ
ベビーシッターとは、親が不在であったり、なんらかの事情により子供の面倒を見れない親に代わって、子供の面倒を見る仕事の事をいいます。子供の年代は授乳の必要な幼児から小学校低学年くらいまでで、親の保護が必要である年代の子供となります。直接個人の家に訪問して、ベビーシッターをする場合や、託児所や施設などでベビーシッターの仕事をする場合などがあり、活躍の場は依頼者の形態によっても様々です。ベビーシッターになるために特に必要となる資格はありませんが、社団法人全国ベビーシッター協会認定のベビーシッター認定資格取得者、幼稚園教諭資格取得者、保育士など専門性の高い資格を持っている場合は、優遇されます。託児所の専任スタッフとして常勤勤務するスタイルもありますが、ほとんどの人はフリーランスでベビーシッターハケン会社などに登録して仕事を得ているようです。子供が好きである事、世話好きな性格である事は必須条件ですが、責任感の強さ、細かな事にまで気配り出来る事、急なハプニングにも対処出来る判断力や救急的な知識を持っている人材が求められます。

ベビーシッターの年収、月収について

時給1000円前後~

ベビーシッターの仕事に就くには

ベビーシッター派遣会社に登録をして仕事を得る。または託児所などのベビーシッター募集に応募して面接。

ベビーシッターの資格や知っておいた方が良い知識など

必要な資格はないが、ベビーシッター認定資格や、保育士、幼稚園教諭などの資格取得者、および経験者は優遇される。ベビーシッターのアルバイト経験者も有利。親の代わりに子供の世話をするという責任重大な仕事なので、責任感のある人材が必要とされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク