旋盤工とは?旋盤工の仕事


機械を動かす人
旋盤工とは、特殊な機械を操作して、金属の加工を行い部品などを製造する技術者の事を言います。人の手で工作機械を扱っていく場合と、NC旋盤と呼ばれる機械を操作していく場合に大きく分けられますが、現在では旋盤工といえば、後者が多いようです。実際には部品を製造するというよりは、このNC旋盤のプログラミングの作成や微調整を行うオペレーターとしての作業が主になります。旋盤工の設定したプログラミング次第で、精度は変化してきますので、何度も微調整を重ねて、クライアントの要望通りの製品を製造して行きます。これらの機械の清掃や管理、検査などを行うのも旋盤工の大切な仕事となります。旋盤工になるために特に必要な資格というものはありませんが、旋盤工に求められる専門知識や技術は特殊なものなので、多くは工業系の学校卒業者か、職業訓練校などで特殊技術などを学んでから就職するようです。旋盤工として就職してからは、就職した企業内で教育や研修が行われるのが一般的です。まずは基本的な作業から関わり、キャリアを積んで行くにしたがって、複雑な機械操作を担当するようになるようです。

スポンサーリンク

旋盤工の年収、月収について

月収20万前後~

旋盤工の仕事に就くには

機械部品製造メーカーや、金型メーカーに就職をするのが一般的。現場でのトレーニングも受けられるが、特殊な機械を扱うため、工業系の学校や職業訓練校である程度の基礎知識は身につけておきたい。

旋盤工の資格や知っておいた方が良い知識など

旋盤工になるために特に必要な資格というものはないが、NC旋盤取扱などの特殊な業務に関わるため、工業系の学校で学ぶ知識は身に付けておくと良いだろう。ミスの少ない確実な作業が行える人材は重宝される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする