総合無線通信士(1~3級)とは?総合無線通信士(1~3級)の仕事


無線おじさん
総合無線通信士(1~3級)とは、あらゆる無線設備を扱うことが出来る、無線関連のスペシャリストの事を言います。無線関連の資格はさまざまありますが、この総合無線通信士の資格はその最上位といっても言いほどのものです。総合無線通信士(1~3級)の資格取得があれば者は陸上、海上、航空とジャンルは問わず、広範囲の無線設備を扱うことが出来る技術と専門知識を持っている事の証明になるでしょう。総合無線通信士(1~3級)を名乗るためには、国家資格を取得する事が大切です。受験資格は特にありませんが、受験するレベルによって受験内容は異なります。国内だけでなく、この総合無線通信士(1~3級)を取得すれば、国際的な無線通信士として活躍する事も出来るので、受験科目として英語は必須科目となっています。3級の合格率が5%程度と、難易度が非常に高い事でも有名です。空路や陸路、そして航路の保安と安全管理や大切な情報の送受信、非常事態における緊急情報の取扱など、総合無線通信士のはたす役割は非常に大きく、やりがいのある技術職であると言えるでしょう。非常事態が発生しても、冷静さを失わずに適切な対処が出来る落ち着いた人材に適正があります。

スポンサーリンク

総合無線通信士(1~3級)の年収、月収について

月収30万前後~

総合無線通信士(1~3級)の仕事に就くには

総合無線通信士を名乗るためには、国家資格取得が必須。警察庁、気象庁、船舶関連、無線機メーカー、航空会社など幅広いジャンルにおいて求人がある。

総合無線通信士(1~3級)の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である総合無線通信士資格を取得しよう。無線工学、法規、電気通信の技能、英語など受験内容はかなり難しい。入念に試験対策をする必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする