幼稚園教諭とは?幼稚園教諭の仕事

幼稚園の先生たち
幼稚園教諭とは、3歳から小学校入学前の幼児に対して、保育や指導を行う人の事を言います。音楽や遊び、運動を通して、幼児の心身の発達を促すように指導して行きます。幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状の取得が必須となります。そのためには文部科学省認定の大学、短大、専門学校などで必要な単位取得する必要があります。幼稚園教諭免許状取得の後、さらに勤務希望する幼稚園の採用試験を受験して合格をする事で、やっと幼稚園で働く事が可能になります。3歳から小学校入学前の子供達は、とても多感であり、何でも吸収できる可能性の塊と言えます。その子供達に直接関わって、遊びや音楽などを通して子供達に協調性や責任感などを指導して行くというその責任はきわめて重要と言えます。子供が好きである事は第一条件となりますが、責任感の強い人、忍耐強く子供の個性に応じた対応が出来る人、細やかな心配りの出来る人、急なハプニングにも対応出来る冷静な人が求められます。国公立の幼稚園、私立幼稚園、民間の幼児教室の指導者など活躍の場は様々です。

幼稚園教諭の年収、月収について

月収20万前後~

幼稚園教諭の仕事に就くには

幼稚園教諭免許状取得の後、就業希望する幼稚園の採用試験を受験して合格する事。国公立幼稚園、私立幼稚園、民間の施設など、希望の施設の募集要項を常にチェックしておこう。

幼稚園教諭の資格や知っておいた方が良い知識など

文部科学省認定の大学、短大、専門学校などに通学するか、通信教育制度を利用して、必要な単位を取得し、幼稚園教諭免許状を所得する事。児童心理学、児童行動学などを専門的に勉強するとさらに良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク