地図製図士とは?地図製図士の仕事


地図のイラスト
地図製図士とは地図を作成する専門家の事を言います。国や地方公共団体などから発注される製図、または測量、土木建築関係で必要な製図の作成に関わるには、地図製図専門技術認定資格の取得が必須です。この資格を受検するためには、測量士・測量士補の資格を所有している事、および所定の実務経験年数が必要になります。試験は学科と実技があり、実技では実際に平面製図や曲製図などの製作をします。地図製図士になるには、測量士の打ち出したデータをもとにして、それらを緻密に製図して行く専門技術が必要になります。製図法にはさまざまありますが、現在ではパソコンを用いたCG法を使用するのが一般的です。それぞれの地図製図会社により、使用ソフトは異なりますが、高度なパソコンスキルを有している事も求められます。緻密な作業の連続になるので、忍耐力と集中力に優れた人、細かな所までおろそかにせず、キッチリと仕事を進めて行ける人材に適正があります。

スポンサーリンク

地図製図士の年収、月収について

月収16万前後~

地図製図士の仕事に就くには

測量会社、建築会社、設計会社などに就職して、地図製図の現場で実務経験を重ねて行こう。地図製図の現場で1年以上の経験があれば、地図製図専門技術認定資格を受検する事が出来る。

地図製図士の資格や知っておいた方が良い知識など

地図製図専門技術認定資格取得をすると良い。この資格に挑戦するには、測量士・測量士補の資格所有や、所定の実務経験など、受検資格が設定されているのでチェックしておく事。1級と2級の2階級に分かれている。現在では製図はほとんどがパソコンの使用によるものなので、パソコンスキルや製図ソフトを使いこなせる事が必須だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする