不動産鑑定士とは?不動産鑑定士の仕事


不動産鑑定士とは、不動産の鑑定・評価を行うスペシャリストの事を言います。依頼者は金融機関、建設会社、不動産会社、国土交通省などとなっており、不動産関連の法律にのっとって、それぞれの依頼に応じて、地価公表、抵当権設定の評価、路線価の評価など、不動産関係の鑑定評価の独占業務を行います。不動産鑑定士になるためには、国家資格取得が必須となります。受験資格は不問ですが、不動産鑑定士の資格取得は難関で有名ですので、独学での資格取得はかなり厳しいと言えます。不動産鑑定士資格試験受験対策講座を開いている専門スクールや、通信教育などで計画的に勉強をする必要があります。試験は1次から3次までありますが、2次試験に合格後、2年間の実務を行う事でまず不動産鑑定士補として登録出来ます。その後さらに1年間の実務補修を受講し、3次試験受験をして合格をする事で、晴れて不動産鑑定士の資格を取得する事が出来るのです。不動産関連の専門的な知識を習得している事はもちろん、校正な取引を行うために、細かいところまで調査をする細やかさや、忍耐力、責任感などが求められます。

不動産鑑定士の年収、月収について

年収300万前後~

不動産鑑定士の仕事に就くには

独占業務となるため、国家資格である不動産鑑定士資格取得が必須。資格取得後は、不動産鑑定事務所、コンサルティング会社、不動産会社などで活躍出来る。

不動産鑑定士の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である不動産鑑定士資格取得が必要。かなり難関な試験となるため、専門スクールなどで、受験対策講座を受講するなど、長期的に勉強を続ける事が必須となる。資格取得までには長い時間がかかるため、不動産鑑定事務所などで働きながら実務経験を積もう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク