一般事務とは?一般事務の仕事

一般事務
会社の規模の大小は問わず、目立たない存在ではありますが、会社の運営にかかせない職種が一般事務職であると言えます。オフィスワークの中で一番必要とされる縁の下の力持ち的な存在なのです。一般事務の仕事は、電話・来客応対、業務上発生する書類の整理、文書作成、データ入力、郵便物の発想や管理、請求書、納品書、伝票などのチェックなど様々です。会社によっては経理や庶務業務を兼任する場合もあります。毎日の仕事は単調な作業の繰り返しにも見えますが、一般事務の仕事なくして会社の存続はありえません。特に必要な資格を求められる事も少ないかもしれませんが、個人のモチベーション次第で必要な資格を身につけてスキルアップをしていく事も可能です。パソコンの基本操作から、臨機応変に対応出来る電話応対、社内外の人達と円滑にコミュニケーションが取れる機知など、幅広い能力を持つ人材は重宝されます。技術的なスキルアップもさることながら、電話応対の基本や来客応対、文書の作成方法などの一般常識をもっているかどうかも重要視されるでしょう。

一般事務の年収、月収について

基本給18万前後~

一般事務の仕事に就くには

希望の会社に応募の後面接。面接の際、一般事務希望である事を担当に伝えよう。あらゆる会社で募集されている。

一般事務の資格や知っておいた方が良い知識など

必要な資格は特になし。パソコンの基本操作、エクセル、ワードは必須条件となる。電話応対、文書作成などの一般常識を備えている事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする