獣医師とは?獣医師の仕事

猫を診察する獣医師
動物のお医者さんのイメージが強い獣医師ですが、実は活動範囲はとても幅広いのです。全国の動物園や水族館で動物達の健康管理をしたり、薬物開発のために使われる実験用の動物達を管理したり、家畜に広がる伝染病などの病気を研究したり、これらすべてが獣医師の仕事となります。獣医師になるためには、まずは獣医学部のある大学で、獣医になるための専門的な勉強を積むのが第一となります。在学中に自分の進みたい分野が決定出来るようです。獣医師は国家資格となりますので、この資格試験に合格をして、資格の申請が無事に行われれば、正式に獣医師を名乗れるようになります。動物達が好きである事は絶対条件ですが、動物達の命を守るために、常に勉強を続けられる忍耐強さを持っている人でなければ務まりません。いつでも向上心を持って、仕事に取り組める人が理想的です。専門知識や手術などを行うための技術があるのはもちろんですが、緊急なハプニングなどに応じるなど、心身共にタフである事が要求されます。体力や冷静な判断力のある人が求められます。

獣医師の年収、月収について

月収25万前後

獣医師の仕事に就くには

大学の獣医学部で専門知識を学ぼう。その後、国家資格である獣医師の試験に合格をして、農林水産省からの認定を受ければ、獣医師として働く事が出来る。

獣医師の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である獣医師の資格試験に合格をする事が必須。国家資格以外にも、留学などでスキルアップをする人も多いようだ。医学は年々進歩している。動物達のためにも常に向学心を忘れないようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク