営業事務とは?営業事務の仕事

営業事務
営業社員のアシスタント業務の事を営業事務と言います。営業社員全般のフォロー、見積書や商品の受発注、顧客の電話応対、クレーム対応などを含める、営業社員と顧客を結ぶパイプライン的な役割が求められます。外回りをしている営業社員への緊急連絡や、突発的な出来事が起きた時の迅速な処理など、一般事務と比較をすると、臨機応変にスピーディーに対応する能力がさらに必要となります。複数の営業社員のフォローをするため、時間的には不規則となったり、残業が多めになる場合もあります。伝票処理、文書作成などの一般事務同様の能力も必要ですが、さらに顧客や社内の人間との電話応対はかなり多い職種ですので、コミュニケーション能力はとても重要視されるでしょう。営業社員は営業事務がいなければ動けません。舞台裏でしっかりと支える縁の下の力持ち的なポジションといえます。人のお世話をしたり、面倒を見るのが好きなマネージャー的業務が好きな人に向いていると言えるでしょう。一方9時17時だけ仕事をして、あとは自分の時間を持ちたいという人には向かない仕事と言えます。営業社員のすべてを管理する秘書的な要素を多く含んだ仕事であるので、営業事務の経験があると、その後活躍の場は広がるようです。

営業事務の年収、月収について

月収20万前後~

営業事務の仕事に就くには

営業事務募集の会社に応募の上面接。

営業事務の資格や知っておいた方が良い知識など

エクセル・ワードなどパソコン基本的操作はマスターしておきたい。パワーポイント・アクセスなども出来るとアピールポイントとなる。人と接する事が好きである事、一般常識を持っている事は必須。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする