国家公務員Ⅱ種とは?


二人の公務員
国家公務員Ⅱ種とは、行政の現場をささえる国家公務員の資格のことをいいます。幅広い知識を必要とするⅠ種と比較すると、特定分野に特化した能力を持っているかをより問われるのがⅡ種資格と言えるでしょう。優秀な人材はキャリア同様に登用されることもあり、非常に注目されている公務員試験であると言えるでしょう。行政、電気・電子・情報、物理、建築をはじめとする11分野のうちから1分野を選択して受験をすることになります。合格率は7%前後と低く、難易度はかなり高い試験であると言えます。国家試験に合格し、採用が決定した後は、特定の分野のスペシャリストとして、従事することになります。採用は本府省採用と、地方出先機関採用に分かれます。専門分野のスペシャリストとして活躍することができますが、どれだけの実力があっても、キャリア組のように出世をすることが望めないというのが、現在の状況のようです。

スポンサーリンク

国家公務員Ⅱ種の受験資格

受験年の4月1日現在で、満21歳以上29歳未満の者。21歳未満であっても、短大、高等専門学校を翌年の3月に卒業見込みの者、もしくは人事院がそれと同等の学力があると認定された者。

国家公務員Ⅱ種の試験内容 試験科目

行政、物理、電気・電子・情報、機械、土木、建築、化学、資源工学、農学、土木農学、林学の全11科目のうちから1つを選択して受験する。

■一次試験
・一般教養
・専門試験(多肢選択式)
・専門試験(記述)
・論文

■二次試験
面接

申込み期間

4月中旬~下旬まで

試験日

■一次試験:6月下旬
■二次試験:7月下旬~8月上旬に実施

受験地

■一次試験:札幌、旭川、盛岡、仙台、秋田、新潟、長野、千葉、東京、静岡、名古屋、金沢、
京都、大阪、神戸、岡山、松江、広島、高松、松山、福岡、北九州、熊本、鹿児島、那覇

■二次試験: 札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇

受験料

無料

合格発表日

■一次試験:7月中旬
■二次試験:8月下旬

合格率

■7%前後

問い合わせ先

人事院
http://www.jinji.go.jp/top.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする