スタイリストとは?スタイリストの仕事


髪をセットするスタイリスト
スタイリストとは、その状況にふさわしい洋服や小物などを事前に集めておいて、テレビ、雑誌、広告などでモデルやタレントのファッションをコーディネートする人の事を言います。テレビ番組やファッション雑誌などのテーマや季節感、流行感覚を存分に取り入れたコーディネートが出来る能力が必要です。小物や洋服に関して、最先端の流行にいつも敏感になっている事、ブランド情報などに精通している事も大切ですし、イメージに合った商品がどの店に置いてあるかなどの店舗知識も必要です。スタイリストになるために特に必須な資格はありませんが、専門スクールのスタイリスト養成コースなどで、スタイリストに必要な基礎知識を学ぶのも良いでしょう。多くはスタイリスト事務所に所属して、プロのスタイリストのアシスタントとして実務経験を積むようです。活躍の現場では、沢山のスタッフと共に作業を進めて行く事になりますので、社交性や協調性がある人に適正があります。かなり体力的にもハードであるようなので、体力に自信のある人に向いているでしょう。実力を積んでスタイリストとして知名度を上げれば、フリーランスで活躍することも出来ます。

スポンサーリンク

スタイリストの年収、月収について

月収20万前後~

スタイリストの仕事に就くには

スタイリスト事務所に勤務して、スタイリストアシスタントとして経験を積み、その後スタイリストとして一人前になるというパターンが多い。専門スクールでスタイリストの知識を身に付けるのもよいだろう。

スタイリストの資格や知っておいた方が良い知識など

スタイリストとしての直接な資格ではないが、カラーコーディネーターなどの色彩感覚をアピール出来る資格を取得者は有利。服飾関係の専門スクールで、基礎知識を習得者も優遇。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする