医師とは?医師の仕事

注射する医師
医師とは、病院やクリニックなどで、患者に接し、検査や問診を行う事で病気や怪我の状態を見極め、それに対応した治療を行う医療の専門家の事です。直接患者に接して診察をする医師、解剖や薬、病気についての研究に従事する医師と、その業務内容は分かれています。病気の重さの違いはあれど、いち早く患者の状態を見極め、適切な治療を決定していきます。内科医、外科医、整形外科医、各器官専門医など担当する専門分野においての高度な知識と経験が必要になります。患者の命を預かる責任重大な仕事です。医師になるためには、厚生労働省が実地する医師の国家試験に合格して、免許を取得する事が必須です。この医師国家試験受験資格は、大学の医学部で6年間の医学課程卒業者となっています。医師免許取得の後、最低2年かの臨床研修が必修となっており、この臨床研修修了者が正式な医師として認められます。高度な医学知識があるのはもちろん、常に患者のために働ける情熱が必須となります。冷静で的確な判断力、治療を決定する決断力、ハードな勤務に対応出来る体力を持っている人に適正があります。

医師の年収、月収について

年収600万前後~(勤務医)
年収1000万前後~(開業医)

医師の仕事に就くには

大学の医学部で医学課程を修了した後、医師国家資格に合格をして医師免許取得をするのが必須。臨床研修を経て、一般病院、大学病院、専門病院などに勤務。開業の道もある。

医師の資格や知っておいた方が良い知識など

医師国家試験に合格をして医師免許を取得する事が必須である。専門知識、手術に携わる場合は専門技術の習得が必要。病気や医学に対して常に勉強をおこたらない姿勢が必要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク