MRとは?MRの仕事

MR
MRとは、医療情報担当者の事を言います。MRはMedicalRepresentativeの訳です。製薬会社に勤務して、実際に医療機関に直接出入りをし、自社の製品に関するデータを医療関係者から情報収集をしたり、医療関係者に自社製品のPRをしたりします。MRの得た情報は新薬の開発などの重要なデータとなります。もちろん医療や薬品の基礎知識がある事が必須となりますが、様々な人と接する事が多いので、高いコミュニケーション能力は必須です。必須ではありませんが、薬剤師の資格取得者や、薬科大学卒業者など、薬に関しての専門知識を持っている人は優遇されるようです。製薬会社の営業職とも言えるでしょう。もちろん他業種であっても営業経験者は有利です。フットワークが軽く、製品のPR能力が高いこと、医療関係者からの信頼を得る仕事が出来る人に適正があります。医療現場での生きた声をしっかりと受け止めて、今後の薬の開発に役立てるための責任は重大です。日々進化する製薬情報に常に敏感でいられる人、医療や健康の分野で貢献したいという人に向いています。

MRの年収、月収について

月収20万前後~

MRの仕事に就くには

希望する製薬会社のMR募集に応募しよう。必須ではないが、薬剤師資格取得同等の知識保有者は有利。営業能力が必須となるので、営業力もアピールしたい。

MRの資格や知っておいた方が良い知識など

必須ではないが、薬や医療に関する知識を証明出来る薬剤師などの資格取得をしておくとよい。病院に出入りをして情報収集をする事から守秘義務など徹底出来る事が必要。高いコミュニケーション能力も磨いておきたいところだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク