音楽療法士とは?音楽療法士の仕事

月と太陽と音楽
音楽療法士とは、音楽を使って肉体的に病んだ人、精神的な病をかかえる人のリハビリテーションやセラピーを行うセラピストの事を言います。研究によって音楽の人の心に働きかける力が証明されていますが、この力を利用して、心身の障害からの回復をする事が目的です。たとえば、鬱病などをはじめとした精神疾患、自己の後遺症、自閉症、認知症などをかかえる人達に対し、音楽を通じてセラピーを行います。音楽療法士になるためには、日本音楽療法学会の認定による音楽療法士試験に合格をする必要があります。大学や専門学校等の音楽療法士養成コースなどを受講して、音楽療法士になるために必要な知識を習得する必要があります。研究会への参加、論文の発表、臨床経験などが求められますので、認定資格取得後はアシスタント業務をしつつ、現場での実務経験を積むのが一般的です。活躍の場は、病院、知的障害時施設、デイケア、老人福祉施設、病院、精神科など多岐に渡ります。人のために奉仕をしたいという信念を持ち、医療スタッフとともに協力をしながら、患者のために働ける人に適正があります。

音楽療法士の年収、月収について

1セッション2000円前後~

音楽療法士の仕事に就くには

日本音楽療法学会認定の音楽療法士資格を取得しよう。音楽療法の知識や臨床経験、論文、講習会への参加などが条件となります。資格取得後は福祉施設を中心に活動することになる。

音楽療法士の資格や知っておいた方が良い知識など

音楽療法士養成コースを受講して専門知識をしっかりと習得しよう。日本音楽療法学会認定の資格試験に合格をすれば、音楽療法士として働く道が開ける。音楽だけでなく、心理学や臨床経験も求められる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク