介護福祉士とは?介護福祉士の仕事

介護福祉士とお年寄り
介護福祉士とは、身体や精神になんらかの障害があるため、日常生活を独自に送れない人のために、生活全般の介護を行ったり、その本人や家族に対して介護指導などを行ったりする専門家の事を言います。福祉施設においてはスタッフ達をまとめ、指導を行うなど、リーダー、または施設の運営業務担当として活躍します。介護福祉士は、福祉業界で直接介護に関わる職種の中での、唯一の国家資格です。介護福祉士の資格試験の受験資格は、一定期間以上の養成施設にての課程を修了した人か、介護職に3年以上就いた経験者となっています。介護の技術習得者である事はもちろんですが、老人福祉、社会福祉など、医療・福祉の専門知識は必須となります。介護の仕事は、とてもハードなものですが、やりがいのある仕事だと言えます。人のために力になりたいという強い奉仕の精神と、介護職に対する情熱を持っている人に適正があります。直接介護に関わるだけでなく、その利用者の家族への生活指導、介護生活の助言などを適切に行える、コミュニケーション能力を持った人が求められます。活躍の場は、特別養護老人ホーム、身体障害者施設、老人保健施設、有料老人ホームなどになります。

介護福祉士の年収、月収について

月収18万前後~

介護福祉士の仕事に就くには

介護職に従事して3年以上の実務経験があるか、認定の養成機関を卒業していれば、介護福祉士の国家試験を受験できる。資格取得後、希望する施設に就職。

介護福祉士の資格や知っておいた方が良い知識など

認定された養成機関を卒業するか、介護の仕事の実務経験を3年以上積めば国家資格である介護福祉士の試験を受験できる。合格するためには、福祉・医療に関する高い専門知識、技術、経験が必須。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク