介護保険事務とは?介護保険事務の仕事

介護保険事務とホワイトボード
介護保険事務とは、介護保険に関する事務処理をするスペシャリストの事を言います。業務内容は、医療事務の仕事全般に加え、介護保険レセプト作成、介護報酬請求をはじめとして、介護保険に関する特殊な知識が要求されるものになります。必須ではありませんが、医療事務の資格とともに、各団体による介護保険事務の資格取得をするとよいでしょう。介護保険は、まだスタートしてから日が浅いため、介護保険に関する問い合わせ業務なども未だに多いようです。介護保険制度の仕組み、医療に関する知識などをしっかり把握しており、介護保険について何も知らない人にわかりやすく説明出来る能力も必要です。職場によっては、人と接する機会も多くなりますので、円滑に人とコミュニケーションをとれるヒューマンスキルの高い人に適正があります。福祉の仕事が好きであり、ミスの少ない確実な仕事を行える人が求められます。介護保険事務の活躍の場は、介護保険施設、病院、介護サービス会社など多岐に渡ります。専門知識や技能が必要となるので、専門スクールや通信講座で、介護保険事務資格取得講座を受講して、実力を付けていくとよいでしょう。

介護保険事務の年収、月収について

月収16万前後~

介護保険事務の仕事に就くには

医療事務の仕事に加えて、介護保険に関する知識などが必要となる。介護保険事務資格取得をしておくとベター。介護保険事務を募集している施設や病院、会社などに応募。

介護保険事務の資格や知っておいた方が良い知識など

必須ではないが、各団体に認定された介護保険事務の資格を取得しておくとよい。医療事務の知識も必要。介護保険の仕組みや介護医療に関する専門知識は勉強しておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク