看護士とは?看護士の仕事

やる気ある看護師二人
看護士とは、病院やクリニックなどの医療現場にて、看護を行う医療のスペシャリストの事を言います。具体的には、病院で医師のアシスタント的な医療補助をしたり、医師の診察に基づいて患者が必要な各種検査を行ったり、入院患者の看護全般を行ったりと、その業務内容は実に多岐に渡ります。介護施設や、老人ホームなどに常勤して、施設利用者の健康管理に従事する事もあります。看護士になるためには、国から認可された看護学校や看護大学、看護士養成校での専門課程を履修した後、国家資格である看護士試験に合格をし、看護士免許を取得する事が必須です。直接患者の命に関わる責任重大な仕事と言えます。医療、人の身体に関しての深い知識、適切な判断力、細やかな気遣いなど、看護士に求められる事はとても多くなります。仕事内容は実にハードな上に、勤務時間も不規則となるため、体力に自信の有る人、また自己管理が徹底出来る人に適正があります。病気や怪我を持った人のために働く奉仕の精神を持ち、ミスが許されない現場で働く緊張感を常に持てる人が求められます。

看護士の年収、月収について

月収25万前後~

看護士の仕事に就くには

看護学校、看護大学等を卒業して、国家資格である看護士試験に合格をし、看護士免許取得している事が必須。その後は希望する医療現場に応募し、勤務する事が出来る。

看護士の資格や知っておいた方が良い知識など

看護学校、看護大学など国から指定された機関を卒業して看護士国家資格し、看護士免許を取得する必要がある。医療、看護全般の専門知識と、必要な技術・技能を習得しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク