貿易事務とは?貿易事務の仕事

貿易事務
海外との商品の輸出入業務全般に関わる仕事です。たとえば輸入の場合、輸入通関手配、商品の納入管理、関税・消費税納付、輸出の場合は通関輸出手配、ブッキング、L/C買取などの仕事に関わります。船積み書類などの作成は貿易事務の専門用語も多用ですので、貿易実務検定C級レベル相当の知識があり、相当な英語力スキルがある事が必要となってきます。貿易に関する業務に関しては、未経験者も受け入れる企業もありますが、会社によってはマーケティング調査、船舶等の手配、クレーム対応、契約交渉など幅広い対応を求められる場合もあります。貿易事務の場合、高い英語力が必要となります。英検2級以上の英語力が求められますが、会話能力よりも文章作成、文書読解などの能力が必要となってきます。貿易事務を目指すのであれば、スクールで貿易実務検定講座や貿易アドバイザー講座を受講したり、津新教育制度で貿易に関して勉強するなどの準備はしておくべきでしょう。ミスが少なく、丁寧に仕事が出来る人材は重宝されるようです。また、貿易業務に関わる事から、時事問題や経済状況など世界の動きに関心を持つ事もとても必要です。

貿易事務の年収、月収について

月収22万前後~

貿易事務の仕事に就くには

貿易実務の知識を学び、英文読解、文書作成能力を磨くとよい。会社によっては中途採用であっても試験を行う場合もある。

貿易事務の資格や知っておいた方が良い知識など

貿易実務検定C級、B級取得。英語力のアピールとしてはTOEICスコア、実用英語検定2級保有しておくと有利。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする