ケアマネージャーとは?ケアマネージャーの仕事

打ち合わせをするケアマネージャー
ケアマネージャーとは、介護を必要とする人が、その人に応じた介護サービスを受けられるように、ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職の事を言います。介護サービスは誰もがいつでも受けられるものでありません。希望する介護サービスを受けるためには、ケアマネージャーにプランを作成してもらう必要があるのです。介護を必要とする要介護支援や要介護と認定された人をささえる家族の状況や、本人の状況などをしっかりと理解をした上で、適切な計画案を作り、介護の手配をする事が必要となり、またその後の調整やフォローも行います。ケアマネージャーになるためにはケアマネージャー国家資格取得は必須なのです。この国家試験の受験資格は医療や介護、福祉などの法定資格取得者で5年以上の実務経験がある人、ヘルパー2級・1級の資格取得者で5年以上の実務経験がある人、資格取得はないが介護職に10年以上従事している人となっています。合格者は指定されたケアマネージャー研修を受講して、ケアマネージャーとして登録をする事になります。人の話を聞きだせるコミュニケーション能力、細かい所まで気配り出来、冷静な判断力を備えている事は必須です。

ケアマネージャーの年収、月収について

月収25万前後~

ケアマネージャーの仕事に就くには

ケアマネージャー国家試験に合格をした後、指定された研修を受講して、ケアマネージャー登録を行えば、ケアマネージャーとして働く事が出来る。介護施設、介護支援センターなどが活躍の場である。

ケアマネージャーの資格や知っておいた方が良い知識など

ケアマネージャー受験資格を備えていれば、ケアマネージャー国家試験を受験する事が出来る。この試験に合格をした後、研修を受け、正式にケアマネージャーとして認定される。介護職の長い経験、医療介護の専門知識や技能習得が必須。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク