言語聴覚士とは?言語聴覚士の仕事

聴く人
言語聴覚士とは、聴覚機能、言語、音声の機能向上を目的に、聴覚機能障害者、音声や言語に障害を抱える人達にへのリハビリ、指導などを行う専門家の事を言います。脳血管障害の後遺症や、事故によって、失語症を起こした場合、先天的難聴や子供の言語未発達に対して、特別なリハビリテーションプログラムを作成します。言語聴覚士になるためには、医学や聴覚障害に対しての専門知識、訓練を行うための専門技能を修得する必要があります。国家資格である言語聴覚士の資格取得が必須となりますが、この言語聴覚士の国家試験を受験するためには、国から指定された専門学校、養成所にて3年以上勉強をする必要があります。活躍の場は、病院、心身障害児施設、リハビリテーション施設などになります。専門知識や技能習得はもちろんですが、言葉で表現出来ない利用者と向き合い、訓練やアドバイスを行うのは、想像以上に忍耐力を要するものです。焦らずに落ち着いて相手の気持ちを読み取る事が出来る能力、分かりやすい説得力、コツコツと利用者とともに進んで行ける包容力などがある人に適正があります。

言語聴覚士の年収、月収について

月収18万前後

言語聴覚士の仕事に就くには

国家資格である言語聴覚士の資格取得が必要。そのためには、指定された専門学校、養成所などで3年以上学び、卒業する必要がある。

言語聴覚士の資格や知っておいた方が良い知識など

国から指定された専門学校や養成所で、医学、専門技能、聴覚障害学について3年以上学ぶと、国家試験受験資格が得られる。国家資格である聴覚言語士の資格取得は必須。利用者と接するためにも、心理学の知識なども必要になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク