作業療法士とは?作業療法士の仕事

運動リハビリ
作業療法士とは、事故や病気により、または老化、先天性な障害がある人を対象にして、日常生活を送る上で必要な「作業」を訓練、指導、アドバイスする専門家の事を言います。手工芸、園芸、レクリエーションなどの指導を行う事は、その人日常生活を立て直すために、絶対的に必要なものです。これらの作業の訓練、指導を通じて、利用者の人達が日常生活に復帰出来、心身の障害からの回復につなげる事を目的としています。これらは障害を持った人達の心の安定につながるのです。作業療法士になるためには、国家試験に合格をして、国家資格である作業療法士資格取得する事が必須となります。受験資格は国からの指定を受けた、大学、短大、専門学校にて3年以上の専門課程を修了した人となっています。医学、臨床心理学、リハビリテーション学などの専門知識や特殊な作業療法技能をしっかり身に付ける必要があります。作業療法士の支持するリハビリを受ける人達は、思い通りに自分の気持ちを表現する事が出来ません。その人達の気持ちを良く理解するように常に努力出来る人、忍耐強く相手と向き合える人に適正があります。

作業療法士の年収、月収について

月収20万前後~

作業療法士の仕事に就くには

国家資格である作業療法士資格取得が必須。資格取得後は病院、精神病院、リハビリテーション施設、老人ホーム、障害者施設などで作業療法士として働く事が出来る。

作業療法士の資格や知っておいた方が良い知識など

作業療法士の国家試験に合格をして、作業療法士資格取得が必須。医学、リハビリテーション医学、臨床心理学などを始めとする専門知識や、作業療法の技能を身に付けて、国家試験に挑戦するためにも、国から指定された専門学校や大学、短大などで専門課程を履修する必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク