歯科衛生士とは?歯科衛生士の仕事

歯ブラシ持つ歯科衛生士
歯科衛生士とは、歯科医師のもとで診療のアシスタント業務をしたり、患者に対し口腔のケアの指導や予防などを指導したりするスペシャリストの事を言います。口の中の汚れを取り除いたり、歯垢をとったりするケア以外にも、治療器具の消毒や管理、患者さんの誘導、歯ブラシの持ち方や歯の磨き方などの指導をはじめとして、院によっては予約の応対などもこなす場合があります。歯科衛生士になるためには、国家資格取得が必須なのですが、この歯科衛生士の国家試験を受験するためにも、国から指定をされた専門学校や養成校で、口腔衛生学、解剖学、病理学、特殊技能などの専門課程を履修する必要があります。活躍の場は歯科医院、総合病院の歯が主ですが、保険センターや老人ホームなどの福祉施設にて口腔ケアの指導を行う場合もあります。専門知識や技能がある事はもちろんですが、院内やさまざまな施設に行き指導をするなど、人と接する仕事ですので、スムーズに交流が持てるコミュニケーション能力を持っている人、細かな作業が多いため手先の器用な人に適正があります。

歯科衛生士の年収、月収について

月収18万前後~

歯科衛生士の仕事に就くには

歯科衛生士国家試験に合格をして、歯科衛生士の国家資格取得をする事が必須。資格取得後は、歯科医院などで勤務するか、保険センターや老人ホームなどの福祉施設で口腔ケア指導を行うなどの道がある。

歯科衛生士の資格や知っておいた方が良い知識など

歯科衛生士の国家資格を取得するのが必須。この国家試験を受験するために、国から指定された専門学校や養成所にて専門知識や技能を学ぶ必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク