歯科技工士とは?歯科技工士の仕事

インプラント
歯科技工士とは、歯科医師の指示のもと、義歯、金冠、充てん物、つぎ歯、歯列矯正装置、マウスピースなどの製作をする技術職の事を言います。これらによって、患者は咀嚼機能の回復や、審美的な効果による精神的な安定が得られるのです。歯科技工物の製作だけでなく、加工や修理などによる調整まで行います。作業はミスが許されない、精巧なものとなりますので、手先が器用である事は絶対条件となります。歯科医師のとった患者の歯や歯茎の形に合わせて、細かいところまで精密な作業が出来る人に向いています。歯科技工士になるためには、国から指定された専門学校や養成所にて、歯科理工学、解剖学などをはじめとする専門知識や歯科技工に関する特殊技能などを学ぶ事が必要です。これらの機関を卒業してはじめて歯科技工士の国家試験に挑戦出来ます。歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格をして、歯科技工士資格取得することが必須となります。活躍の場は、歯科技工所、歯科医院また歯科機材を扱う企業など様々です。

歯科技工士の年収、月収について

月収18万前後~

歯科技工士の仕事に就くには

国から指定された歯科技工士専門学校や養成所で専門知識や技能を身に付けて国家試験に合格する事が必須。資格取得後は、歯科医院や歯科技工所、歯科機材メーカーなどで働く事が出来る。

歯科技工士の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である歯科技工士資格取得が必須。そのためにも国から指定された専門学校や養成所で、歯科理工学、解剖学など専門知識や特殊技能をしっかりと身に付けよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク