社会福祉士、ソーシャルワーカーとは?社会福祉士、ソーシャルワーカーの仕事

老人と話すソーシャルワーカー
社会福祉士、ソーシャルワーカーとは、心身に障害がある人やその家族に対して、福祉サービスを受けれるように、援助や提案を行う福祉のスペシャリストの事を言います。具体的には、福祉施設への入居に関する全般や、補助金制度に関する事、介護士やヘルパーの派遣など、さまざまな相談に対応して、具体的な提案をして行きます。ケースにより問題も様々あり、専門知識や豊富な経験を持ち、諸問題に対応出来る人が求められます。ソーシャルワーカーとして働くためには、必須な資格はありませんが、介護や福祉、心理学、法学の知識や現場での実務経験者でなければ、務まらない仕事となります。社会福祉士を名乗るためには、社会福祉士の国家試験に合格をする必要があります。社会福祉士の国家試験を受験するためには、福祉系卒業者であれば受験可能ですが、それ以外の場合は社会福祉士一般養成施設で一定期間学ぶ必要があります。さまざまな相談を受けるためにも、高いカウンセリング能力が必要です。相手の話をよく聞いて、問題の根本を探り出し、解決に導ける手腕のある人に適正があります。活躍の場は福祉施設、医療機関など多岐に渡ります。

社会福祉士、ソーシャルワーカーの年収、月収について

月収18万前後~

社会福祉士、ソーシャルワーカーの仕事に就くには

福祉、医療、心理学、法学などの専門知識は必須となる。社会福祉士となるためには、社会福祉士の国家試験に合格をするのが必須。福祉や医療の現場の実務経験者は優遇される。

社会福祉士、ソーシャルワーカーの資格や知っておいた方が良い知識など

社会福祉士と名乗るには、国家資格である社会福祉士の資格取得が必須。ソーシャルワーカーは特に必須な資格はないが、さまざまな問題に対応するためにも福祉や医療、法学などの専門知識が必要となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク