手話通訳士とは?手話通訳士の仕事

手話で話す二人
手話通訳士とは、手話の技術を使い、聴覚障害者の通訳をして、健常者との意志疎通に貢献するスペシャリストの事を言います。手話通訳士となるためには、必須な資格というものはありませんが、各団体が認定する手話通訳士の資格取得者は優遇されます。手話の表現力、聴覚障害者に関する知識、福祉の知識など、専門知識と技能を有している事が大切です。聴覚障害者と健常者の間で通訳業務をするだけでなく、手話講師として、カルチャースクール、学校、企業でのセミナーなどを担当することもあります。手話の通訳をするためには、的確でスピードのある手話の技術が必要になるため、手話通訳のある程度の実務経験者に適正があります。瞬時に話を聞き取る能力、ボキャブラリーなど国語の能力は必須です。手話通訳士の活躍の場は、手話通訳の派遣会社などに登録をして、ホテル、裁判所、講演会、テレビ番組などさまざまな依頼に対応したり、福祉事務所や障害者施設などに所属をして勤務するなど様々です。豊かな国語力を持ち、手話を通じてコミュニケーションをスムーズにしてゆく、やりがいのある仕事です。聴覚障害者への深い理解を持ちつつ、社会に貢献したい気持ちの強い人に向いています。

手話通訳士の年収、月収について

時給2000円前後~(フリーの場合)

手話通訳士の仕事に就くには

高い手話の技術や、豊かな国語力、福祉や障害者に関する専門知識などを持っている人が求められます。常勤よりもフリーで働く人が多いようです。手話通訳士の資格取得者は有利。

手話通訳士の資格や知っておいた方が良い知識など

必須ではないが、手話通訳士の資格取得者は優遇。手話通訳をするために必要な実務経験を積む事が大切。福祉や障害者に対する専門知識なども必要。話を正確に、的確な表現で相手に伝えるためには、高い国語力を持っている事も必要である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク