助産師とは?助産師の仕事

赤ちゃん抱える助産師
助産師とは出産時に介助を行う専門家の事を言います。助産師の業務は出産介助だけではなく、女性の妊娠中、分娩、産後に必要なケアや助言を与えたり、新生児、乳児の保険的予防措置をはじめとして、母子ともに健康に以上がないかを見極め、医学的な援助を要請したりもします。個人の出産だけでなく、担当する広い範囲での家族計画や、親になるための指導なども助産師の大切な仕事です。活躍の場は産院、病院、クリニック、保健所、地域のサービス施設など多岐に渡ります。助産師になるためには、助産師国家試験に合格をする事が必須です。助産師国家試験の受験資格は、看護大学で助産師課程を履修した人、または看護士資格保有者もしくは看護士受験資格を持っていて、さらに国から指定された助産師養成所にて専門知識や専門技術を学んだ人となります。緊急事態にも冷静に対処出来る確かな知識と判断力、確かな専門技術、そして妊婦の不安や恐怖心などを受け止めて、時には適切なアドバイスを与えるなど、カウンセリング能力も求められます。

助産師の年収、月収について

月収20万前後~

助産師の仕事に就くには

助産師の国家試験に合格をする事が必須。その上で、産院、病院、クリニック、地域の保険サービス施設、保健所などで助産師としての経験を積もう。

助産師の資格や知っておいた方が良い知識など

助産師の国家資格取得は必須。看護系の大学で助産師課程を履修するか、看護師資格取得者であるか、看護師受験資格保有で、助産師養成スクールで学べば、助産師国家試験に挑戦出来る。高い専門知識と技術習得、ヒューマンスキルも磨いておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク