精神保健福祉士とは?精神保健福祉士の仕事

サラリーマンと面談
精神保健福祉士とは、精神に障害を持った人達、また精神障害者の家族に対して、社会復帰のための訓練や環境の設定、生活全般を指導したり、適切なアドバイスを与えたり、専門医療機関への手続きなどを行う精神医療専門のソーシャルワーカーの事を言います。精神に障害を持った人を支える家族の悩みに真摯に対応し、給付金制度の案内なども行います。精神保健福祉士を名乗るためには、国家資格である精神保健福祉士資格取得が必須となります。この精神保健福祉士の国家試験の受験資格は、受験者の最終学歴に応じて必要な実務経験の長さなどが異なります。精神医学、精神科リハビリテーション学、精神保健学などの専門知識に加え、福祉に関する法律などにも精通している必要があります。患者や患者を抱える家族からの相談内容は、実に幅広く、その内容に応じてフレキシブルに対応出来る柔軟性が必要です。高度のコミュニケーション能力と的確な説得力あるアドバイスが出来る能力がある人に適正があります。精神保健福祉士の活躍の場は、精神科病院、心療内科、メンタルクリニック、保険所、精神障害者施設など様々です。

精神保健福祉士の年収、月収について

月収18万前後~

精神保健福祉士の仕事に就くには

正式に精神保健福祉士を名乗るためには、精神保健福祉士国家試験に合格をする必要がある。幅広い相談内容に対応出来る専門知識と経験を身に付けておきたい。

精神保健福祉士の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である精神保健福祉士資格取得が必須。精神医学、精神科リハビリテーションなど患者に接するための必要な医学的知識をはじめ、家族への経済的、医療的アドバイスが出来る幅広い知識が必要である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク