ホームヘルパーとは?ホームヘルパーの仕事

食事の手伝いするホームヘルパー
ホームヘルパーとは、高齢者や身体障害者の日常生活の介護を行うスペシャリストの事を言います。具体的には、掃除、洗濯、調理などをはじめとする日常生活における介護と、入浴、排泄、着替えなどを行う身体介護に分けられます。個々の住宅を訪問して、利用者の自宅でこれらの介護を行ったり、老人ホームや老人医療施設、身体障害者施設などで介護を行ったりします。ホームヘルパーの資格は2級、1級とありますが、まずはホームヘルパー2級の資格は取得しておくと良いでしょう。各団体の介護、医療などの専門知識や介護技術の講座を受講し、現場実習をする事で、ホームヘルパーの資格取得が可能です。利用者の立場になって、物事を考える事が出来る思いやりがあり、世話好きな人、細やかな事に気が付いて、隅々まで気配りが出来る人に適正があります。様々な状況に臨機応変に対応出来る能力も必要です。特に身体介護に関わる場合は、動けない利用者を移動させたりするなど肉体的にもハードなものです。夜勤など時間の不安定な業務でもあるので、体力のある人、自己管理が出来る人が求められます。

ホームヘルパーの年収、月収について

月収18万前後~

ホームヘルパーの仕事に就くには

必須ではないが、ホームヘルパー2級は取得しておく方が良い。介護に関する専門知識や技術、実習などを通して、ホームヘルパーとして働くための総合的な基礎を学ぶことが出来る。その後は訪問介護、デイサービス、老人ホーム、障害者施設などで実務経験を積もう。

ホームヘルパーの資格や知っておいた方が良い知識など

ホームヘルパー2級資格取得が望ましい。介護や福祉、医療に関する専門知識、車イス補助、食事や入浴の介助、日常生活の介助など、幅広い知識や技術を身に付けることが大切。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク