保健師とは?保健師の仕事

説明する保健師
保健師とは、看護に関する専門知識や技術を持って、地域全般の人々の健康な生活をサポートし、指導する専門家の事を言います。対象となるのは赤ちゃんから老人までのすべての人となっています。健康な人も、障害や病気を持っている人も、皆が強力し合い、快適な日常生活を送れるように尽力します。具体的には、各地域の保険所や企業、学校、などで健康相談を受けたり、病気を予防するための教育を行ったり、健康診断を実施したりが主なものです。専門的な知識を一般の人達に分かりやすく説明し、指導していく必要があります。保健師になるためには、保健師の国家試験に合格をする必要があります。受験資格は看護師資格取得者か、看護師の国家試験を受験する資格保有者となっています。つまり、看護大学や看護師養成学校などで、看護、医学の専門知識や技術を修得している事が必要です。学校で学んだ専門課程に加えて、実務経験を有している事も求められます。地域に密着して、多くの人の健康に関わる責任重大な仕事となりますので、地域社会の状態などもしっかり把握しつつ、みんなが健康に暮らせるように貢献出来る奉仕の精神を持った人に適正があります。

保健師の年収、月収について

月収25万前後~

保健師の仕事に就くには

国家資格である保健師の資格取得が必須。各地保健所、学校、企業、病院、保険施設、児童施設など、保険師が必要な場所は様々である。希望する職場に応募しよう。

保健師の資格や知っておいた方が良い知識など

保健師の国家資格取得が必須。看護大学、看護師養成学校を卒業して、看護師資格を取得しているか、看護師試験受験資格を保有している事が必要。専門知識や技能を学び、実務経験を重ねて保健師資格取得に挑戦しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク