メディカルトレーナーとは?メディカルトレーナーの仕事

アドバイスするトレーナー
メディカルトレーナーとは、肩こりや腰痛、捻挫や打撲など身体に痛みを抱えた人に対して、日常生活の動作の仕方や、日々の暮らしに適した指導を行う人の事を言います。筋力をあげるためにトレーニングの指導も行います。メディカルトレーナーとなるためには、柔道整復師などの国家資格を取得しておくと良いでしょう。必須ではありませんが、国家資格を取得すると、活躍の場がかなり広がります。身体の仕組みに精通している事が必須となりますので、専門学校などで解剖学、整形外科学、臨床総論など専門知識や症状別のトレーニング方法などの技術を身に付けることが大切です。いずれにしても人と接する仕事となりますので、患者さんの話をしっかり聞き、的確なアドバイスを行える、コミュニケーションスキルや、痛みを抱えた人達の気持ちを察する事が出来るヒューマンスキルを備えている人に適正があります。整形外科や接骨院などの治療院、スポーツクラブなど活躍の場はさまざまです。

メディカルトレーナーの年収、月収について

月収18万前後~

メディカルトレーナーの仕事に就くには

スポーツクラブや接骨院などに応募。必須ではないが、柔道整復師の国家資格を取得しておくと、整形外科をはじめとする医療機関などで働く事が出来るなど、活躍の場が広がる。

メディカルトレーナーの資格や知っておいた方が良い知識など

必須ではないが、柔道整復師資格取得しておくと良い。メディカルトレーナーとして活躍するためには、専門学校で解剖学を始めとした専門知識や、技術修得しておく必要がある。また、様々な人と接する仕事になるので、
コミュニケーション能力が高い事も大切。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク