薬剤師とは?薬剤師の仕事

笑顔の薬剤師
薬剤師とは、医師発行の処方箋のもと、医薬品を調剤したり、医薬品の管理を行う専門家の事を言います。飲み合わせや副作用などもあるため、薬剤師はそれぞれの患者のくすり手帳や、過去に発行した薬のカルテなどを細部まで良く読んで、必要に応じた薬を調剤します。場合によっては、医師に処方箋の確認作業を行う事もあります。薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験に合格をする必要があります。この国家試験の受験資格を得るためには、薬科大学薬学部にて医療薬学、衛生薬学、基礎薬学などをはじめとする6年間の専門課程を修得する必要があります。薬剤師の活躍の場は幅広く、薬局や病院、クリニックなどにおける調剤業務をはじめ、医薬品メーカーなどでの開発や研究活動を行ったり、化粧品や食品などのメーカーで研究開発を行ったりと様々です。薬の適合には個人差があり、アレルギーなど個人の状態に応じて、薬の作用は異なってきます。時には命にかかわる事態に発展する場合もありますので、強い責任感を持って、ひとつひとつの仕事を丁寧にミスなく対応出来る冷静な人に向いています。

薬剤師の年収、月収について

月収25万前後~

薬剤師の仕事に就くには

薬剤師の資格取得後、希望の職場に応募しよう。薬局や病院、クリニックでの医薬品の管理や調剤をするか、医薬品、食品、化粧品などのメーカーで研究開発をするか、希望に適する職場を見極めよう。

薬剤師の資格や知っておいた方が良い知識など

国家資格である薬剤師資格取得が必須。薬剤師国家試験を受験するためには、薬科大学薬学部にて6年間の専門課程を修得する必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク