臨床検査技師とは?臨床検査技師の仕事

血液検査
臨床検査技師とは、病気の診断に必要な臨床検査を、医師の管轄のもとで行う専門家の事を言います。具体的には、血液や尿を採取してそれらの成分を分析する生化学的検査や心電図や脳波などをはじめとする超音波検査、ウィルスなどを調べる微生物学的検査などの業務があります。いずれも患者の身体の不調を診察した医師が、その原因を見極めるべく臨床検査技師に検査の指示を行います。臨床検査技師になるためには、国家試験に合格する必要があります。この国家試験を受験するためには、高校を卒業した後、指定の養成学校にて3年間の臨床検査技師養成課程を修得して、卒業しなければなりません。解剖学をはじめとする医学、生理機能検査学などの専門知識をしっかり身に付けていることが大切です。臨床検査技師の活躍の場は、病院、クリニック、臨床検査センター、製薬メーカーの研究室など多岐に渡ります。細かいデータ分析をする事がとても重要になりますので、几帳面でミスのない仕事が出来る人に適正があります。

臨床検査技師の年収、月収について

月収18万前後~

臨床検査技師の仕事に就くには

臨床検査技師として働くためには、国家資格である臨床検査技師資格取得が必要です。養成学校で専門知識などを身に付けた後、国家試験に合格すれば、病院、製薬会社の研究室などをはじめとした様々な活躍の場があります。

臨床検査技師の資格や知っておいた方が良い知識など

臨床検査技師国家試験に合格する事が必須。国家試験の受験資格は指定の養成学校を卒業する事で得られる。まずは養成学校で、3年間の専門課程をしっかり修得しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク