臨床心理士とは?臨床心理士の仕事

説明する臨床心理士
臨床心理士とは、神経症、自閉症、鬱病、依存症、摂食障害などをはじめとする、心の悩みを持った人達に対して、心理学の見地から、その問題解決出来るようにカウンセリングなどの心理療法を行う専門家の事を言います。精神科や心療内科、企業や学校内などでカウンセリングや心理テストなどを行ったりします。相談者の悩みや心のうちをすべて話してもらうためには、臨床心理士が相談者から信頼されなければなりません。守秘義務を厳守出来て、相手の話を聞きながら、話し方や動作などを冷静に観察し、記録していく事が大切です。臨床心理士になるためには、臨床心理士資格取得が必要になります。この試験を受験するためには、大学などで心理学を修得し、さらに実務経験を重ねるか、日本臨床心理士資格認定協会の指定大学院を修了する必要があります。相談者の話をとことん聞く包容力を持ちつつ、冷静に判断をする判断力や細かいところまで相談者の変化に気付く観察眼を持っていると良いでしょう。

臨床心理士の年収、月収について

月収18万前後~

臨床心理士の仕事に就くには

臨床心理士の資格取得が必要。資格取得後は、心療内科、メンタルクリニック、企業や学校のカウンセリングルーム、司法機関の施設などをはじめ様々な場所で活躍出来る。実力を身に付けて、カウンセリングルームをオープンする道もある。

臨床心理士の資格や知っておいた方が良い知識など

臨床心理士の資格取得が必要である。臨床心理士の資格試験を受験資格は、心理学を学んだ機関によって条件が変わってくるのでチェックしておこう。心の問題から引き起こされるさまざまな症状についての豊富な知識が求められる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク