客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)とは?客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)の仕事

案内する客室乗務員
客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)とは、国際線、国内線の航空機内で、利用客に食事のサービスや免税品の販売など各種サービスを行ったり、救急救命や緊急時の非難の誘導を行ったりする専門職の事を言います。客室乗務員になるためには、各航空会社の客室乗務員試験に応募をして、試験、面接を受けて合格をする必要があります。まず客室乗務員に応募するためには各条件が定められていますので、チェックしてみましょう。学歴は高卒以上、短大・専門学校卒、大卒など各企業によって違ってきます。身長は160cm以上が必要になります。また、矯正視力で1.0の視力がある事、英語力の証明としてTOEICが600点以上である事などとなっています。語学力に関しては、英語の他にも堪能な言語があるとかなり有利なようです。客室乗務員は空の花形職業とも言われていますが、時差や気圧、機内の乾燥に加え、不規則な生活となる肉体的にとてもハードな仕事です。健康で体力がある人に適正があります。接客業で完璧なサービスを提供する事が求められますので、明るくコミュニケーション能力の高い人、テキパキと作業が出来る人に向いています。

客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)の年収、月収について

年収450万前後~

客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)の仕事に就くには

希望する航空会社の客室乗務員募集に応募をしよう。体力的にも学力的にも高度なレベルが要求される世界となるので、しっかり対策をしておくと良い。

客室乗務員(フライトアテンダント・キャビンアテンダント)の資格や知っておいた方が良い知識など

必要な資格は特にないが、英語力は必須。TOEIC600点以上はほしいところだ。体力作りも計画的に行い、髪形や表情、話し方などにも気を配り、就職試験対策をしておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク