新規開拓営業とは?新規開拓営業の仕事


ルート営業
新規開拓営業とは、自分の営業力で新たな顧客を開拓する営業の事です。業種や会社により異なりますが、自分の足で一軒一軒訪問する飛込み営業、電話等が代表的な営業方法となります。新規開拓営業の場合、いかに自社の製品やサービスが優れているか、また顧客にとってそれらの購入がどのようなメリットに繋がるかを納得させる能力が求められます。人と接する事で成り立つ仕事であるため、人見知りをしない外交的な性格である事、また臨機応変に対応が出来る素養が求められます。必須条件なのは高いコミュニケーション能力です。自社を知る既存の顧客相手にセールストークをするのではなく、全く会社や商品、サービスに関する知識のない人に説得力あるトークをするためには、より高いコミュニケーションスキルが必要となります。新規開拓営業は難易度は高いですが、非常にやりがいのある、「自分力」を活かせる仕事と言えるでしょう。また見やすく分かりやすい資料作成や顧客管理などのためにパソコンスキルも求められます。

スポンサーリンク

新規開拓営業の年収、月収について

基本給(会社で定められた最低保障月収)+歩合というのが一般的です。営業成績の良し悪しで、年収もかなり差が出てきます。営業成績の良い人の場合、年収の上限はありません。

新規開拓営業の仕事に就くには

希望する業種、会社の新規開拓営業職に応募する事です。求人誌、新聞求人広告、インターネットなどで常に新鮮な情報を集めておきましょう。

新規開拓営業の資格や知っておいた方が良い知識など

必要な資格等は特にありませんが、コミュニケーション力を磨いたり、必要不可欠なパソコンスキルは身につけておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする