国際航空貨物取扱士とは?国際航空貨物取扱士の仕事

物流
国際航空貨物取扱士とは、航空貨物輸送状の作成や、輸送スケジュールの作成、運賃などの計算など、国際航空貨物に関するスペシャリストの事を言います。国際資格でもある国際航空貨物取扱士(IATA/FIATAディプロマ)資格取得が必須となります。この資格は、航空貨物輸送に関する専門知識や技能を証明するものです。IATA国際航空運送協会と、FIATA国際貨物輸送業者協会連合会が実施する国際資格で、世界80カ国で実施されています。国際航空貨物取扱士試験は「基礎コース」「上級コース」「危険物コース」の三つの種類に分かれいて、IATA/FIATAによるテキスト教育と、講座を受講した後、試験を受験するという形になります。テキスト内容はすべて英文となっていますので、英語力がある事は必須です。受験資格は特にありませんので、誰でも受講、受験が可能です。国際航空貨物取扱士の活躍の場は、国内外の航空会社、航空施設などがあります。活躍の場は世界規模に広がってきます。

国際航空貨物取扱士の年収、月収について

月収25万前後~

国際航空貨物取扱士の仕事に就くには

国際航空貨物取扱士資格取得して、国内外の希望の航空会社や航空施設の国際航空貨物取扱士募集に応募。面接や必要に応じて採用試験。

国際航空貨物取扱士の資格や知っておいた方が良い知識など

国際資格である国際航空貨物取扱士資格取得が必須。テキスト修得、講座受講の後試験を受験するが、すべて英文となっているので、ある程度の英語力がある事が求められる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク