ソシアルディレクターとは?ソシアルディレクターの仕事

ソシアルディレクターとコーヒー
ソシアルディレクターとは、ホテル内で、外国人旅行者専門に対応するホテル接客のプロフェッショナルの事を言います。日本を訪れる理由は、観光・商用・公用など人それぞれ違ってきますが、ホテル内の事から地元の観光案内情報、その土地の交通事情などをはじめとして、会議の手配やチケット予約の代行など、さまざまな外国人利用客のニーズに対応します。ソシアルディレクターになるために、特に必要な資格などはありませんが、高い語学力がある事は必須条件です。まずは英語力の証明としてTOEICや実用英語検定などで高いポイントを上げておく必要があるでしょう。接客業ですので、ホテル業界経験者などは優遇されますが、ホテル業界以外であっても接客業経験者は有利です。正しい言葉使いが出来、いつでも笑顔で対応出来る人、よろず全般の相談を引き受ける、世話好きな性格の人などに適正があります。外国人に日本の伝統や文化を紹介する場合も多く、日本やその土地に関する豊富な知識がある事、場合によっては通訳業務をする事態もあるので、高い日本語のボキャブラリーを持っている事も大切です。

ソシアルディレクターの年収、月収について

月収22万前後~

ソシアルディレクターの仕事に就くには

ソシアルディレクターを募集しているホテルに応募の上、面接(英語面接もあり。)採用試験を設けているところもあるので、詳細はチェックしておこう。

ソシアルディレクターの資格や知っておいた方が良い知識など

必須ではないが、高い英語力を証明するTOEICの高得点や英検はとっておきたい資格である。英語の他にも堪能な外国語がある人はそこをアピールしよう。接客業であるため高いコミュニケーションスキルは必須。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク