ソムリエとは?ソムリエの仕事

ワイン注ぐソムリエ
ソムリエとは、レストランでワインなどアルコールを料理に合わせて提案したり、ワインなど飲料の仕入れ全般を担当したりする、ワインに関するスペシャリストの事を言います。鋭敏な味覚と、ワインに関する豊富な専門知識を持っている事が条件となりますが、日本ソムリエ協会認定資格取得者であれば、正式なソムリエとして名乗る事が出来ます。ソムリエ資格試験を受験するためには、アルコールを含める飲食業でのサービス経験が5年以上ある事が必要で、現在進行形でサービスに従事している事が必須です。もしくは日本ソムリエ協会の会員となり、飲食業サービス実務経験が3年以上ある必要があります。ワインに関する卓越した知識を問われ、鋭い味覚を調べるテスティングなどのブラインドテストが行われます。ホテルやレストランでソムリエとして修行を積みながら、資格取得に挑戦する人も多いようです。世界各国から厳選したワインを仕入れたり、ワインに合う料理などの提案をする事も多いので、料理に関する知識もほしいところです。常に接客業として、お客様に接する職業ですので、高度なコミュニケーションスキルも求められます。

ソムリエの年収、月収について

年収400万前後~

ソムリエの仕事に就くには

資格取得は必須ではないが、日本ソムリエ協会認定のソムリエの資格取得者は優遇。まずはレストラン・ホテルなどをはじめとするアルコールの提供を行う飲食業での実務経験を積む事からはじめよう。無資格であってもソムリエ見習いとして、勤務出来る場合もある。

ソムリエの資格や知っておいた方が良い知識など
日本ソムリエ協会認定のソムリエの資格を持っていると良い。しかしこの資格試験を受験するためには、指定された期間の実務経験は必須だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク