バーテンダーとは?バーテンダーの仕事

笑顔のバーテン
バーテンダーとは、バーでアルコール飲料をサービスする人の事を言います。アルコールに関する豊富な知識を持っていて、それぞれのお酒をより美味しく飲めるようにサービスします。各種リキュールなどを使って、スタンダードやオリジナルのカクテルを作り、サービスをしたりします。ショットバー、スタンドバーなどをはじめとして、ホテルのバーなやレストランのバーカウンターなど、アルコールをサービスするあらゆる飲食業で活躍出来ます。バーテンダーになるために必要な資格というものは、ほとんどありませんし、未経験でもバーテンダー見習いとして、働きつつ、カクテル作りや接客の仕方などを勉強して行く事も出来ます。カクテルコンテストなどに挑戦して知名度を上げていく事も可能です。お酒に関する知識がある事も必要ですが、接客業となりますので、高いコミュニケーションスキルが求められます。バーテンダーとしての実務経験を重ね、固定客を沢山つけて人脈を広げて行けば、独立して自分のバーをオープンするという事も可能でしょう。人にくつろいで楽しんでもらいたい…というサービス精神のある人に適正があります。

バーテンダーの年収、月収について

月収18万前後~

バーテンダーの仕事に就くには

バーテンダー募集のバーを探して応募してみよう。経験者は優遇されるが、未経験であってもヤル気を買ってくれる店も少なくないようだ。バーテンダーの1年生として働きながら、知識や経験を積んで行く事が出来る。

バーテンダーの資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格はないが、お酒に関する知識は備えておきたい。高いコミュニケーションスキルも必要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク