スポーツプログラマーとは?スポーツプログラマーの仕事


スポーツカリキュラムを説明
スポーツプログラマーとは、地域のスポーツクラブやフィットネスクラブ、スポーツ施設などで、怪我や事故がなくスポーツを楽しめるように、適切な指導やアドバイスをする専門家の事を言います。スポーツプログラマーになるためには、まず(財)日本体育協会が実施している「公認スポーツ指導者養成講習会」を終了するのが必須です。スポーツプログラマーは1種と2種に大きく分かれており、それぞれの選択により、受講期間などが異なってくるので、チェックしておきましょう。フィットネスに関する専門的な知識や、各種トレーニングにおける効果や指導法、個人個人に適した身体作りのプログラミングや指導法など、スポーツに関する深い知識が必要になります。主に青年期以降の一般の人を対象として働く事になりますので、どんな人とでもコミュニケーションがとれる能力があると良いでしょう。スポーツを通じて、身体をより健康にするように、怪我がなくどんな人でもスポーツをする事を楽しめるような指導が出来る人に適正があります。

スポンサーリンク

スポーツプログラマーの年収、月収について

月収17万前後~

スポーツプログラマーの仕事に就くには

スポーツプログラマーを名乗るためには、日本体育協会認定の公的資格である「公認スポーツ指導者養成講習会」を受講する必要がある。専門的な知識や指導法を習得する事が必須。地域のスポーツクラブもしくは商業スポーツ施設など、希望の勤務地によっても講習受講期間は異なってくる。

スポーツプログラマーの資格や知っておいた方が良い知識など

日本体育協会認定の公的資格である公認スポーツ指導者の養成講習会を受講して資格取得しよう。スポーツプログラマーには1種、2種と種類が分かれている。自分の適性を見極めていずれかを受講しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする