画家とは?画家の仕事


風景を描く画家
画家とは、自分の作成した絵画で生計を立てるアーティストの事を言います。出版社などの依頼から絵を描くイラストレーターとは違い、自分のアートで食べて行く事になります。美術大学出身者だからと言って、画家になれるとも限りませんし、プロの画家として絵だけで生活が出来る人というのは、実に少ないものだそうです。画風も油、水彩、パステル等々さまざまあります。画家になるためには、作品を売ることが大切ですので、個展を開いて多くの人に観てもらえる機会を作るのが必須でしょう。そのためにも、コンクールで入賞したり、公募展などに応募をするなど積極的に名前を売り込んで行く事が必要です。美大を出たり、留学をしたりして、自分の技量を磨いて行くのも良いでしょう。ギャラリーなどに自分の作品を持ち込んで売り込む事も良いでしょう。自分の作品を認めてくれるスポンサーとの出会いも、画家として活動をしていくためには必要な事です。画家になる道のりは決してラクなものではありませんが、どんな事があっても絵を描き続けるというような信念のもと、自分の作品を描き続けて行く芸術家の心を持った人に適正があります。

スポンサーリンク

画家の年収、月収について

絵画1枚数万~数千万まで単価は画家によって幅広い

画家の仕事に就くには

絵画コンクールに応募をする、公募展に入選する、ギャラリーに作品を売り込みに行く…など、自分の作品の知名度を上げるために、積極的に売り込んで行く必要がある。

画家の資格や知っておいた方が良い知識など

美大や美術系専門スクールで基礎からしっかり絵の勉強をしたり、留学をして実力をつけて行くのも良いが、独学でプロになる人も中にはいる。常に感性を磨くために、一流の芸術に触れる事も大切。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする