旅行事務とは?旅行事務の仕事

旅行事務
旅行事務とは旅行会社にて、個人や団体の旅の受付、旅券やホテル手配、パッケージ商品の企画販売など「旅」に関する事務仕事全般の事を言います。具体的には、カウンターにて旅の受付、接客、電話応対を中心として、お客様の旅に関わる手配をすべて行います。海外旅行の場合、ビザの申請、ホテルの予約、エアチケットの手配など全て行う事になりますので、高度な語学力は必須となります。パッケージツアーの場合もあれば、個人旅行を一から企画する場合もあり、接客業ならではのバラエティー豊かな仕事内容となっています。基本的に接客がメインとなる事から、人と接する事が好きである事が大切です。お客様からのクレーム対応や、国内国外の旅行先との交渉事なども多く、高いコミュニケーション能力のある人は優遇されます。旅行に関する書類作成や事務手続きなど、ミスが許されない書類に関わる事も多いため、慎重さと迅速さ両方を求められます。接客業ならではの流動性の高い仕事内容となるので、臨機応援に対応出来る人材、明るくテキパキとした感じのよい人材、国内外の観光地や地理に詳しい人材が求められます。

旅行事務の年収、月収について

月収20万前後~

旅行事務の仕事に就くには

スクールや通信講座などで旅行業法、地理など旅行業界に必要な知識を学ぶ。旅行会社、旅行代理店に応募の上面接。

旅行事務の資格や知っておいた方が良い知識など

必ずしも必要ではないが、一般旅行業取扱主任者、国内旅行取扱主任者の資格保有者は優遇。基本的なパソコンスキル、中級以上の高い語学力も必要。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする