ミュージシャンとは?ミュージシャンの仕事


ミュージシャン
ミュージシャンとは、音楽を演奏したり、歌ったりという音楽活動を生業としている人の事を言います。ソロ活動やバンド活動をしてCD製作やライブを行ったりするミュージシャンや、CD製作時にスタジオで演奏を担当したり、作曲、編曲活動をするスタジオミュージシャンなどがいます。ミュージシャンになるためには、音楽的センスや温感に優れている事は最低限必要になりますが、ミュージシャンとしてデビューするためには、音楽プロダクション主催のコンテストや、作品コンクールなどに積極的に応募したり、デモテープを作り自らレコード会社に売り込みに行くなどの営業活動をすると良いでしょう。スタジオミュージシャンになるには、卓越した楽器演奏の技能や鋭い音楽的感性などが要求されます。必ずしも音楽大学や音楽専門スクール出身でなければならない必要はありませんが、譜面の読み書きなど、音楽の基礎知識は身に付けておくと良いでしょう。ミュージシャン希望者はとても多く、狭き門となりますが、夢をあきらめずに音楽の世界で頑張れるガッツのある人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

ミュージシャンの年収、月収について

仕事内容によって単価が異なる
CD販売された場合は印税も収入源となる

ミュージシャンの仕事に就くには

音楽プロダクション主催のコンクールや楽曲コンテストなどに積極的に応募しよう。スタジオミュージシャン希望の場合は、卓越した楽器の技能をアピールしよう。デモテープを作り事務所を回り売り込みをする方法もある。

ミュージシャンの資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格はないが、譜面の読み書きや、音楽基礎知識は備えておくと良い。ボーカリスト、楽器演奏者など担当ジャンルによっても異なるが、楽器演奏の技術は磨いておきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする