編集者とは?編集者の仕事


企画書
編集者とは、雑誌や書籍などの企画提案から、誌面制作に関するすべての業務を行う人の事を言います。具体的には、文字数、ページ数、出版時期、制作費用、取材やライターとの交渉業務や仕事発注、制作スケジュールの管理と調整、部数や読者層ターゲットのマーケティングなどさまざまな業務に関わります。また、編集者自らがライターとなり取材などを行う場合もあります。読者のニーズをいち早く読み取り、人気を呼ぶ企画などを提案出来る優れた企画力を持ち、出版や編集に関する基礎知識や専門知識を身に付けておく必要があります。専門学校やスクール、通信講座などで編集者養成コースを受講し、基礎的なスキルを習得しておくのも良いでしょう。常に世の中の流れに敏感で、あらゆる面においてアンテナを張り、機敏に対応出来るフットワークを持っている人に適正があります。編集作業など細かな業務も多いため、集中力や忍耐力も必要です。書籍の場合、担当する小説家やライターと出版社との架け橋となる事も多いため、コミュニケーションスキルを身に付ける必要もあります。

スポンサーリンク

編集者の年収、月収について

月収20万前後~

編集者の仕事に就くには

出版社、編集プロダクションに就職して、実務経験を重ね編集者としてのキャリアを積んで行くと良い。基本的な文章力があり、出版、編集、DTP、校正など出版に関する一連の業務に関してのスキルアップをして行こう。

編集者の資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格はないが、出版における基礎知識、実務のノウハウを幅広く身に付ける事が大切。アルバイトとして出版社や編集プロダクションに勤務し、実務経験を重ねるのもひとつの方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする